【タクティクスオウガ リボーン】クラス紹介 〜ルーンフェンサー・ヴァルキリー編〜 近接攻撃から魔法まで率なくこなす万能クラス!

本ページで紹介するデータは、タクティクスオウガ リボーンのデータの他に、2010年に発売された【タクティクスオウガ 運命の輪】のゲームデータおよび公式コンプリートガイドに掲載されているデータも参照しています。古いデータからの変更が判明次第、修正する予定。

2022年11月11日に発売したタクティクスオウガ リボーンで、プレイヤー側のキャラクターを就かせることのできるクラスを紹介します。

タクティクスオウガ運命の輪より引用
クラスとは?

戦場での移動、行動スピード、敵との戦い方に多様な違い・特徴を持たせたゲーム内での職業のようなもの。他のゲームではジョブとも呼ばれる。

目次

クラス名

ルーンフェンサー(男性・ホークマン)/ ヴァルキリー(女性)

いくつかの攻撃魔法と回復魔法を習得できる上、剣術や槍術にも長けた魔法戦士

スキルなしで「水」地形パネルに侵入が可能

[smartslider3 slider=”2″]

基本データ

移動力4
移動タイプ軽歩(水中)
ステップ↑ 1・↓ 2
基本WT値26
全体17位

ドットキャラ

ルーンフェンサー(男)
ヴァルキリー(女)

パラメータ補正

クラスチェンジ時点の上昇基本値
レベルアップ時の補正度(星)
STR → +13
VIT → +14
DEX → +17
AGI → +15
AVD → +17
INT → +12
MND → +13
RES → +19

上記8種のパラメータの詳細は下記ページで解説しています。

クラスチェンジできる種族

ルーンフェンサー/ヴァルキリーにクラスチェンジのできる種族は、太文字にしている

ヒューマンホークマン
リザードマンラミア
オークスケルトン
ゴーストフェアリー
グレムリンパンプキンヘッド

イメージに合うキャラクター

クラスのイメージにピッタリな、ゲーム内に登場するキャラクター

ラヴィニス、システィーナ

習得できる魔法種

セットできる魔法は太文字はフォントのもの

精霊魔法・風精霊魔法・土
精霊魔法・雷精霊魔法・水
精霊魔法・火精霊魔法・氷
神聖魔法暗黒魔法
竜言語魔法屍霊術

武器学スキルを覚える武器

武器学スキルを覚えられ、攻撃力の底上げおよび必殺技の習得が可能な武器は、太文字にしている

格闘短剣
片手剣両手剣
片手刀
両手刀
魔導書
楽器吹き矢
投擲

LV別習得スキル

本クラスで習得できるスキル名、習得レベル、効果は以下の通り

LV 4

スキルタイプスキル名効果
オート精神集中魔法命中率
UP

LV 5

スキルタイプスキル名効果
オート瞑想❶MP回復
サポートレジストペトロ石化耐性
ボーナス
サポートレジストチャーム魅了耐性
ボーナス
アクション説得・人間系人間系
ユニット勧誘

LV 8

スキルタイプスキル名効果
サポートHPmaxUP❶HPmax
+10%
サポートMPmaxUP❶MPmax
+10%

LV 15

スキルタイプスキル名効果
オート瞑想❷MP回復

LV 21

スキルタイプスキル名効果
サポートMPmaxUPMPmax
+20%

LV 28

スキルタイプスキル名効果
オートコンサーブMP次回使用する
魔法消費MP0

LV別スキル構成例

魔法を多用するビルド構成の場合

LV 5 CHAPTER 1 クァドリガ砦 屍術師ニバス討伐作戦 直前

スキル名習得LV
武器学1
精神集中4
瞑想5
レジストチャーム5

LV 10 CHAPTER 1 バルマムッサの町解放作戦 直前

スキル名習得LV
武器学1
精神集中4
瞑想5
MPmaxUP❶8

LV 20

スキル名習得LV
武器学1
精神集中4
瞑想5
MPmaxUP❶8

以下の情報は現時点でリボーン版ではなく、前作にあたる『運命の輪』版のデータとなっておりますので、ご留意ください。サイト運営者のゲームプレイの進捗に合わせて、随時更新します

お勧めスキル

魔法が全8種類の中から選ぶことができるため、選択肢が非常に多いが、おすすめは【神聖魔法】の精霊召喚魔法『ウィスプライト』

神聖魔法は、『ヒール』『クリアランス』といった回復・状態異常解消魔法も併せて使用することができるため、前線に留まりながら攻撃役と回復役の1人2役で行動ができる。

過去作で使ってみた感想

ルーンフェンサー/ヴァルキリーは、少々扱いが難しい。

というのも、武器と魔法、攻撃と回復、いずれにも対応できる万能クラスとなるため、一見するとレギュラークラスになる可能性は秘めているものの、一方で突出した能力を持ち合わせていないため、戦場で拾得できるタロットカードによるステータスアップを狙いを定めて行わないと、器用貧乏で中途半端な能力を持ったクラスに育つ可能性もあるからだ。

お勧めのスキルでも紹介したように、魔法を駆使して攻守両面でアタックチームに役立つユニットにするべく、INTを集中的に成長させるのも1つの育て方となる。

本クラスは元より水中で活動ができ、また、ホークマンユニットで本クラスにクラスチェンジができたのなら、地理的な条件に悩まされることなく、活躍することができそうだ。

本サイトでは、当ページで紹介しているクラスについて、皆さまご自身の戦い方や評価などの紹介文を広く募集しています。

ご応募いただきましたご意見は本サイト管理人側で拝見し、当サイトにお越しになる方に広く読んで欲しいと感じたものを、こちらのページ内で掲載いたします。

なお、掲載させていただきます際は、下記のようなアコーディオンタイプでの投稿となります。

メールフォームにてお送りいただいた、クラスの紹介文を全文掲載いたします。

応募方法は本サイトの【お問合せ】のメールフォームより、

  • お名前(ペンネームで構いません)
  • タイトル(クラス名)
  • お問合せ内容(クラス紹介文)

以上の項目を入力いただき、送信ください。

なお、ご応募頂いた紹介文の掲載を保証するものではございませんので、予めご了承願います

(C)1995,2022 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

[itemlink post_id=”18124″]

[itemlink post_id=”21095″]

記事のシェアはこちらから
目次