【タクティクスオウガ リボーン】後に自軍へ加入する重要NPCを救出するためのお助けユニットとそのビルドを紹介!

2022年11月11日に発売予定のタクティクスオウガ リボーンにおいて、後にデニム率いる騎士団に加入することになる重要NPCを救出するバトルが複数用意されており、それら救出ミッションを成功に導くために必要なユニットビルドをご紹介します。

目次

救出ミッションを経て仲間になるキャラクター

タクティクスオウガの物語において、バトルの最後まで生存させておくと、条件付きで仲間となる可能性があるキャラクターは、全ルートを合わせた場合、以下の18名にも上る

  1. プレザンス
  2. システィーナ
  3. アロセール
  4. バイアン
  5. ラヴィニス
  6. ザパン
  7. セリエ
  8. カモス
  9. タムズ
  10. フェスタ
  11. オリアス
  12. デボルド
  13. ハボリム
  14. アゼルスタン
  15. クレシダ
  16. ラドラム
  17. オクシオーヌ
  18. レンドル

これらキャラクターを仲間にしたい場合、戦闘マップでのバトルの最後まで生存させられるよう、この後紹介するビルドのユニットを出撃させよう

カノープス

救出ユニット1人目

カノープス(ヴァルタン)

WTが比較的少なく、移動力が5、移動タイプが飛行という特長を活かし、高低差のあるマップや足場の悪い地形の多いマップを苦にすることなく、いち早く救出対象ユニットに近づくことができる

武器にアイテムスリングを装備して、スキルで消耗品使用の高レベル帯をセット、キュアシードなど救出対象ユニットの残HPが危機的な状況でも一気に回復できる準備を整えておくべし

ニンジャになったデニム

救出ユニット2人目

デニム(ニンジャ)

物語序盤では難しいが、ウォリアーやナイトでレベルアップを続けたデニムがニンジャにクラスチェンジできるようになれば、カノープスに次ぐ救出役として活躍できる

ヴァルタンと移動力が5で同じで、WTがさらに少ないニンジャは、飛行タイプではないものの、他の軽歩ユニットよりも上下のステップ数が+1となっているため、ヴァルタンほどではないが、高低差のあるマップや足場の悪い地形の多いマップを苦にすることなく、いち早く救出対象ユニットに近づくことができる

また、カノープスの時と同じく、武器にアイテムスリングを装備して、スキルで消耗品使用の高レベル帯をセット、キュアシードなど救出対象ユニットの残HPが危機的な状況でも一気に回復できる準備を整えておくも良い

また、救出対象ユニットとの距離を縮めながら、近接武器によるダブルアタックで、救出対象ユニットへの攻撃する敵軍ユニットを1体ずつ仕留めていくもよし

ヴァルタンになったホークマン

救出ユニット3人目

ホークマン(ヴァルタン)

こちらも物語序盤では難しいが、人間系ユニットの説得スキルを覚えたら、ぜひホークマンを仲間にしよう

そして、仲間となったホークマンをヴァルタンへ転職させられたら、2人目のヴァルタンの誕生

ルーンフェンサーになったホークマン

救出ユニット4人目

ホークマン(ルーンフェンサー)

もし、ホークマンが仲間になっても、ヴァルタンへすぐジョブチェンジできない状況だったら、ルーンフェンサーがおすすめ

ヴァルタンには敵わないが、移動タイプが飛行であることを活かし、武器にアイテムスリングを装備しつつ、スキルで消耗品使用の高レベル帯と神聖魔法が使えるようにスキルをセットして、【ヒール】を使う、この回復手段2段重ねで救出対象ユニットの回復役として徹するというビルドである

出撃する際の位置どりも重要

バトルマップに出撃する際に、救出するべきキャラクターの設置位置を偵察で確認して、救出キャラクターを以下のように配置することも救出を成功させる確率を上げる手段となる

  • 前列に配置
  • 救出キャラクターがマップの左右(または中央)どこにいるかに合わせて配置

(C)1995,2022 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

[itemlink post_id=”18124″]

[itemlink post_id=”21095″]

[itemlink post_id=”19600″]

記事のシェアはこちらから
目次