エルデンリングとダークソウル3で主人公キャラクターの強化方法の違いを比較!指輪がなくなりタリスマンに変更など!

2月25日に発売されたフロムソフトウェアの大作RPG、エルデンリングのプレイヤーキャラクターの強化方法について、ダークソウルシリーズの最新作に当たるダークソウル3との違いを調べて、比較してみたので紹介します。

目次

HP回復アイテム

エルデンリング → 緋雫の聖杯瓶、霊薬の聖杯瓶

ダークソウル3 →エスト瓶、一部の消費アイテム

FP回復アイテム

エルデンリング → 青雫の聖杯瓶、霊薬の聖杯瓶?

ダークソウル3 → エストの灰瓶、一部の消費アイテム

エルデンリングでは、霊薬の聖杯瓶という第3の瓶を冒険の途中で入手することができ、その効能についても、冒険の中で入手する素材をプレイヤーが選ぶことができる様になっています。

HP・FP回復アイテム使用回数の増加

エルデンリング → 黄金の種子

ダークソウル3 → エストのかけら

ダークソウル3と同じく、エルデンリングでも2つの聖杯瓶で使用回数の振り分けが可能です。

なお、使用回数を増やし続けると、6回目から黄金の種子が2つ、9回目からは3つ必要となります。

HP・FP回復量の強化

エルデンリング → 聖杯の雫

ダークソウル3 → 不死の遺骨

回復量の強化については、段階を重ねていても、聖杯の雫が2つ必要となることはありませんでした。

記憶スロットの増加

エルデンリング → 宝箱から入手したメモリーストーンの数毎に1増える

ダークソウル3 → 集中力の能力値が一定数に達する度に1増加

レベルアップ時に精神力(ダークソウル3での集中力)を強化することでのメリットは、主にFPの値を増やすということになりました。

各種ステータス強化アイテム

エルデンリング → タリスマン 

ゲームスタート時に装備できるのは1つだけ

装備数を増やすことのできるアイテム(お守り)を入手することにより、4つまで同時装備が可能

ダークソウル3 → 指輪 

ゲームスタート時より4つまで同時装備が可能

ダークソウル3にもタリスマンがありましたが、エルデンリングでは役割が異なるのでご注意ください。

武器強化アイテムによって引上げられる武器の強化段階

エルデンリング → 15段階まで(+15)

ダークソウル3 → 10段階まで(+10)

強化段階が、10回から15回までに増えていたのは驚きでした。お気に入りの武器が10回を超えて強化できるのは嬉しいですね。

また、他のプレイヤーさんの情報によれば、強化できる段階も+25まであるそうなので、自分で確認が取れ次第、更新します。

[itemlink post_id=”13933″]

記事のシェアはこちらから
目次