【エルデンリング】遺灰召喚キャラクター徹底解説 〜 民兵スケルトンの遺灰 〜 2体が槍一本と蘇りで主人公をサポート!

フロムソフトウェアの大作RPGエルデンリングに登場する遺灰キャラクターを徹底解説するシリーズの第8弾になります。

今回紹介するのは、民兵スケルトンの遺灰です。

目次

民兵スケルトンの遺灰

霊魂の宿った遺灰
民兵スケルトンの霊体を2体召喚する

止めを刺されない限り
何度でも甦る、死に生きる者たちの霊体
死の根に触れた者たちの穢れた末路

基本情報

容姿スケルトン召喚数2
召喚
ポイント
FP消費
ポイント
44
召喚場所間近強化素材墓すずらん
攻撃
タイプ
通常攻撃攻撃
間合い
近接
移動
タイプ
歩行特性仮死から
蘇り
強み

敵を見つけると、積極的に槍による刺突攻撃を仕掛けにいく

フレイバーテキスト通り、敵の攻撃によって倒されても、止めを刺されない限りにおいて、無制限に復活することができる。

また、過去に徹底紹介した山賊スケルトンとは違い、2体ペアでの召喚となるため、敵の注意が常にアクティブなスケルトンに向いて囮となり、その間に別の1体が仮死状態からの蘇りがしやすい。

弱み

間接攻撃の設定はなく、槍による近接攻撃のみ。

攻撃スピードはそれほど早くはないため、敵の攻撃を先に叩き込まれてしまうのは、山賊スケルトンと共通した弱点。

また、蘇り特性があるためなのか、耐久力もそれほど高くなく、敵からの攻撃に打たれ弱い印象がある。

強靭度も低く設定されており、敵の攻撃にも怯みやすい傾向がある。

身体の大きさ

主人公キャラクターと比較すると、背丈が人間の約1.5倍くらいになっている。

【動画】攻撃アクション

槍の刺突

槍での刺突は、当然ながら少し離れた敵にも十分に届く。

槍の薙ぎ払い

薙ぎ払いは、近距離の敵にはヒットするが、敵が離れていると当たらない。

仮死状態からの蘇り

駆け足移動

通常時はゆっくりとした歩行による移動となるが、敵を発見すると駆け足になる。

強化素材

地下墓地に咲く白い花
霊を喚ぶとされる、音のない鈴

遺灰の強化は調霊と呼ばれ
調霊師だけが、それを行うことができる

強化段階強化素材と個数
+1墓すずらん【1】× 1
+2墓すずらん【2】× 1
+3墓すずらん【3】× 1
+4墓すずらん【4】× 1
+5墓すずらん【5】× 1
+6墓すずらん【6】× 1
+7墓すずらん【7】× 1
+8墓すずらん【8】× 1
+9墓すずらん【9】× 1
+10霊すずらんの大輪 × 1

タイプ診断

お勧め度


⭐︎5(高)
⭐︎3(普通)
⭐︎1(低)

遺灰とは?

エルデンリングの舞台となる狭間の地にて、さまざまな場所で取得したり、放浪者の商人から購入するアイテムの1種。

遺灰にはそれぞれ異なるキャラクターが封じられており、ゲーム開始序盤に、夜間のエレの教会で出会う魔女レナから与えられる『霊呼びの鈴』を持った状態で、還魂碑がある特定エリアのみ、鈴を鳴らして召喚することができる。

召喚できるエリアでは、画面左(下のスクショで矢印で示している)に碑文アイコンが表示されるので、分かりやすい。

召喚後は、それぞれのキャラクター特性を活かして、主人公キャラクターの相棒として行動する。

その役割は、古くはウルトラセブンのカプセル怪獣(アギラ、ウィンダム、ミクラス)、最近ではポケットモンスターに近しいが、主人公キャラクターに代わって敵との戦闘を受け持ってくれる、頼もしい味方となる。

遺灰は使用しても消費されることはなく、何度も繰り返し利用することが可能。

ただし、召喚できるエリアに呼び出せるのは遺灰1種のみで、敵にやられてしまうと再召喚は不可となる。(一部の遺灰のキャラクターは、とどめを刺されない限り復活する)

また、円卓に途中からNPCメンバーとして加わる調霊師に強化素材を渡すことで、能力を強化することができる

遺灰一覧

遺灰名称容姿召喚数消費
ポイント
戦魔術師
ユーグ
人間1122FP
かぼちゃの
狂兵
人間1110FP
失地騎士
イングヴァル
人間1100FP
失地騎士
オレグ
人間1100FP
亜人団亜人5069FP
鳥人形兵人形兵2067FP
祖霊の民人間1063FP
 レアルカリア兵人間3059FP
はぐれ狼動物3055FP
しろがね人人間2053FP
戦鷹動物1052FP
牙鬼
インプ
亜人2050FP
嵐の鷹
ディーネ
動物1047FP
民兵
スケルトン
スケルトン2044FP
腐った亡者人間4040FP
翼の混種亜人1037FP
腐った
野犬
動物1035FP
霊クラゲ動物1031FP
さまよえる
貴人
人間5028FP
山賊
スケルトン
スケルトン1022FP
貴人の
魔術師
人間1011FP

PR

[itemlink post_id=”16751″]

記事のシェアはこちらから
目次