【タクティクスオウガ リボーン】キャラクター紹介 〜サラ編〜 物言わぬモブキャラながらその実力は折り紙付き!

本ページで紹介するデータは、タクティクスオウガ リボーンのデータの他に、2010年に発売された【タクティクスオウガ 運命の輪】のゲームデータおよび公式コンプリートガイドに掲載されているデータも参照しています。

2022年11月11日に発売されたタクティクスオウガ リボーンで登場するキャラクターを紹介します。

侮るなかれ

アロセールに迫るその実力の程

目次

キャラクター名とイラスト

サラ オストヴァルド(Sara Ostvald)/ 弓使いサラ

タクティクスオウガリボーンより引用

ウォルスタ人

アルモリカ騎士団の弓兵

父親と2人の兄も弓兵として騎士団に所属していたが、いずれも開戦初期に戦死している

腕力で男性に劣る分、射撃の正確さを強みとしている

ウォルスタ軍が敗れロンウェー公爵が捕虜となった際に軍から離れ、母と暮らしていた

しかし、公爵救出の知らせを受け、再び軍へ戻った 軍復帰後はレオナールの部隊にいたが、クリザローの町でデニムに助けられて以後、〇〇騎士団の一員となる

ドットキャラと初期エレメント

エレメント:水

自軍加入タイミング

CHAPTER 1 クリザローの町の戦い後(騎士レオナール救出)

専用クラス

特になし

キャラクター紹介文の変遷

ウォーレンレポートの中にある人物という項目にて、キャラクターのイラスト及びゲームの進捗に応じた紹介文が掲載されている。

以下に、これまでのゲームプレイで確認することができた紹介コメントをCHAPTERやルートを分類した状態で転載。

CHAPTER 1〜4

ストーリーの進捗での変化なし

ウォルスタ人

アルモリカ騎士団の弓兵 父親と2人の兄も弓兵として騎士団に所属していたが、いずれも開戦初期に戦死している

腕力で男性に劣る分、射撃の正確さを強みとしている

ウォルスタ軍が敗れロンウェー公爵が捕虜となった際に軍から離れ、母と暮らしていた

しかし、公爵救出の知らせを受け、再び軍へ戻った

軍復帰後はレオナールの部隊にいたが、クリザローの町でデニムに助けられて以後、〇〇騎士団の一員となる

プレイヤー目線のキャラクター評

『オリジナル版』のタクティクスオウガでは、自軍に加わるものの、どんな人となりであるのかが語られないモブキャラだったが、『運命の輪版』が開発・発売されたタイミングで、詳細なキャラクター設定が施された格好になっている

このように1人のモブキャラにも、きちんと人物史を設定し、キャラクターを大事にしているゲーム開発陣の姿勢には大変好感が持てる

同じ経緯で人物史が設定されたヴォルテールと比べて、デニム率いる騎士団の中で実は存在感が高く、雷神アロセールが加入するまでは、弓兵としてバリバリのレギュラーを張れるほど実力が高い

アロセール加入後にはレギュラーの座を奪われてしまう格好になるが、複数弓兵ユニットを出して戦えるバトル(例えば高低差のあるバトルマップで、自軍が高台側を陣取れている場合)の際には、実力ある2番手として十分に活躍できる

関連性の高い他キャラクター

騎士レオナール、プレザンス神父、騎士ヴォルテール

本サイトでは、当ページで紹介しているキャラクターについて、皆さまご自身のキャラクター評を広く募集しています。

ご応募いただきましたキャラクター評は本サイト管理人側で拝見し、当サイトにお越しになる方に広く読んで欲しいと感じたものを、こちらのページ内で掲載いたします。

なお、掲載させていただきます際は、下記のようなアコーディオンタイプでの投稿となります。

(ペンネーム)さんのキャラクター評

メールフォームにてお送りいただいた、ご自分のキャラクター紹介文を全文掲載

応募方法は本サイトの【お問合せ】のメールフォームより、

  • お名前(ペンネームで構いません)
  • タイトル(キャラクター名)
  • お問合せ内容(キャラクター紹介文)

以上の項目を入力いただき、送信ください。

なお、ご応募頂いたキャラクター評の掲載を保証するものではございませんので、予めご了承願います

ゲーム基本情報
  • 発売日:2021/11/11
  • 開発 / 販売:SQUARE ENIX
  • ジャンル:タクティカルRPG
  • 対応プラットフォーム:PlayStation 4, PlayStation 5, Nintendo Switch, PC
  • ゲーム公式サイト:https://www.jp.square-enix.com/tor/

(C)1995,2022 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

PR

記事のシェアはこちらから
目次