エルデンリングのキャラクター作成時に選べる形見9種類を一挙に紹介!あなたなら何を選ぶ?当サイトのお勧めもあり!

【更新履歴】4/2 シャブリリの禍を追記

エルデンリングの新規ゲームスタート時には、プレイヤーキャラクターを作成する流れとなりますが、その時に形見という名称のアイテムを1つだけ選んで、冒険に出発することができます。

こちらのページでは、全9種類ある形見についてご紹介します。

各アイテムの具体的な効果の内容については、エルデンリング アドベンチャーガイド、ナビゲーションガイドが情報ソースとなります。

(3/21追記分)実際のゲームのスクリーンショットも追加

目次

形見一覧

主人公キャラクター作成時に選ぶことのできるアイテムは以下になります。

スマホで閲覧している場合は、→にスクロールできます。

名称アイテム効果具体的な効果
緋琥珀のメダリオンHPの最大値を上昇させる最大HPが6%増加
狭間の地のルーン調査中3,000ルーン獲得
黄金の種子聖杯瓶の使用回数を増やす聖杯瓶の使用回数UP
牙鬼インプの遺灰牙鬼インプの霊体を2体召喚するインプを2体召喚
ヒビ壺(3個)ヒビ壺アイテムの製作に必要となる容器投擲アイテム製作時に必要な素材の1つ。何度使っても無くならない
石剣の鍵(2個)インプ像の封印を解くが、使用すると失われる封じられた通路を通行できるようにする
誘惑の枝(5個)FPを消費して、刺した敵を魅了する枝を刺した敵を一時的に味方にする
ゆでエビ(5個)一定時間、物理カット率を高める
左に同じ
シャブリリの禍敵に狙われやすくなる
タリスマンとして装備し、敵のヘイトを集める

形見なし、という選択も可能です。

緋琥珀のメダリオン

装備アイテム ダークソウル3における副葬品『生命の指輪』と同等

緋色の琥珀が嵌め込まれたメダリオン
HPの最大値を上昇させる

琥珀とは、黄金樹の古い雫であり
最初のエルデの王、ゴッドフレイの時代に
特別な宝石として扱われた

それは生命の原始的な力を宿している

黄金の種子

消費アイテム ダークソウル3における『エストのかけら』と同等

幻影の木の根元で見つかる、黄金の種子

聖杯瓶の使用回数を増やす(それは祝福で行う)

それは、エルデンリングが砕けた時
黄金樹から各地に飛来した
生命が、自らの終末を悟ったかのように

使用回数 5回まで → 1回UPで種子1つ必要

使用回数 6-8回まで → 1回UPで種子2つ必要

使用回数 9-?回まで → 1回UPで種子3つ必要(現在調査中)

牙鬼インプの遺灰

装備アイテム 特定エリアで召喚することのでき、主人公と共闘する援軍キャラクター

霊魂の宿った遺灰
牙鬼インプの霊体を2体召喚する

すばしこく動き、魔力壺を投げる
撹乱に優れた霊体
二匹は、とても仲良しである

詳しくは、下記の別記事にて紹介

狭間の地のルーン

調査中

消費アイテム ダークソウル3における副葬品『主なきソウル』に近しい

狭間の人々の瞳に宿る祝福
その黄金の残光使用により多くのルーンを得る

ヒビ壺

装備アイテム ダークソウル3における副葬品『黒火炎壺』に近しい

壊れても、また復元する空壺
ヒビ壺アイテムの製作に必要となる容器

その内に様々な素材と術を封じ
投げつけることで効果を発揮する

石剣の鍵

消費アイテム 初代ダークソウルにおける贈り物『万能鍵』に近しい

剣を模した石の鍵

インプの像の封印を解くが
使用すると、像に刺さったままとなり
アイテムとしては失われる

慎重に使うことをお勧めする

インプ像とは?

封印を解くべき対象となるインプ像についてまとめます。

見た目

インプ像がどんなものなのか、予約特典のアドベンチャーガイドにビジュアルが掲載されていました。

像の右側に描かれている十字架の様なものが、石剣の鍵のヴィジュアル。

(3/21追記分)エルデンリング発売後、実際に相対したインプ像のビジュアルは、以下になります。

それぞれ頭に、石剣の鍵が突き刺さっていることが分かります。

配置場所

この像がどこにあるかというと、

  • 冒険するフィールド上に点在する建設物の廃墟にある地下室に通じる階段
  • 坑道や地下墓といったダンジョンの部屋

に配置され、向かう先の入り口が白い靄のようなものがかかっており、封印を解かない限り中に入ることができない。その先には貴重なアイテムが入った宝箱、またはそれらアイテムを守る番人がいます。

封印を解くために必要な鍵の数

それぞれインプ像が配置される場所ごとに異なっており、1つで済む場合もあれば、2つ必要なこともあります。

封印を解く前の時点で、インプ像の頭に突き刺さっている鍵があるかを外観で確認すれば、必要な鍵の数はすぐ分かります。

誘惑の枝

消費アイテム

無垢金の祈祷が施された枝木
製作可能なアイテムのひとつ

FPを消費して、刺した敵を魅了する
魅了された敵は一時的に味方となる

神人ミケラは、あらゆる者から愛された
愛するを強いることができた

ゆでエビ

消費アイテム

茹で上げられたエビの身肉
プリプリとして汁気もある見事なもの
塩加減にコツがあるらしい

一定時間、物理カット率を高める

実際には、ザリガニの身肉のようだ
まあ、美味ければそれでよいのだが

シャブリリの禍

装備アイテム タリスマンの1種

目を潰された狂気の肖像
媚びるような薄笑いを浮かべている

敵に狙われやすくなる

シャブリリという名のその男は
讒言の罰として、人々に瞳を潰され
やがてそこに、狂い火の病を宿したという

お勧めの形見

私だったらこれを選ぶというものを2つに絞ってご紹介します。

黄金の種子

フレイバーテキストに聖杯を鍛える、と書かれていることから想像するに、HPを回復する緋雫の聖杯瓶やFPを回復する青雫の聖杯瓶の強化に使えるものと考えられます。

具体的にどんな強化がなされるのか判明していませんが、使用回数を+1にするか、回復量を+1にするかの何れかになると思われます。

(2/25追記分)ナビゲーションガイドの説明によると使用回数を増やすことが判明しました。

聖杯瓶が強化できるアイテムは、簡単には手に入るものではないと思うので、その後に待ち受ける苦難な冒険の行く末を思うと、ゲームスタート時に強化できる素材があるのは心強いと思います。

石剣の鍵

初代ダークソウルの贈り物の1つに、万能鍵というものがあり、冒険エリアの簡単な鍵であれば開けられるという重要なアイテムであったため、今作でも鍵とつくアイテムは選びたいところ。

しかし、フレイバーテキストに書かれている内容から、インプ像の封印を解くという目的にしか使えずに、2個しかないということから、封印を解くことによってどのようなメリットがプレイヤーキャラクターにもたらされるのかが気になるところ。

(2/25追記分)インプ像によって封印された状態の通路の封印を解いて、通ることができることが分かりました。

(3/21追記分)ゲームスタート直後に訪れる漂着墓地にインプ像が配置されており、封印を解くためには鍵が2個必要。

そこから先には毒沼が配置されており、そのまま先に進むには難易度が高すぎるため、鍵をここで使ってしまうもはもったいないので、十分に強くなり毒消しアイテムが作れるようになってからで再訪すれば良い。

リムグレイブ地方に点在する他のインプ像に使用したい。

情報参照先

[itemlink post_id=”13932″]

[itemlink post_id=”13933″]

記事のシェアはこちらから
目次