【エルデンリング】リムグレイブのフィールドに落ちてる目が光るドクロは何?実はプレイヤーにちょっとだけ嬉しい存在だった!

2月25日に発売されたフロムソフトウェアの大作RPG、エルデンリングの冒険フィールドでの小ネタがあったので、ご紹介します。

目次

リムグレイブのフィールドにドクロ

ゲームスタート時に冒険・探索することになるリムグレイブのフィールドで、時々目が怪しく光っているドクロ(人間の白骨化した頭蓋骨)が地面に落ちているのを何度か見かけることになりますが、これってなんだろ?と思うこと、ありませんか?

私も、ゲームを始めたばかりの頃、夜になった時にコイツに夜道で出くわすと目が光っていて不気味だなぁと思いましたが、実はプレイヤーにとって少しだけありがたい存在であることが分かりました。

近接武器で壊すとアイテムが出てくる

実は、このドクロ、近接武器で攻撃すると骨が砕けてバラバラになるのですが、実は破壊されたドクロの中からアイテムが出てきます。

出てきたアイテムは黄金のルーン

ドクロから出てきたアイテムを拾ってみると、それはなんと黄金のルーン【1】でした。

ドクロは壊すと、黄金のルーンがもらえるありがたい存在だったことが分かりました。

冒険の序盤では貴重な資源に

黄金のルーン【1】は使用すると、1個あたりで200ルーンもらえます。

5個集めると、1,000ルーンにもなるため、ドクロを叩いて黄金のルーンをたくさん集めれば、レベルアップや装備購入といったプレイヤーキャラクターの強化も可能です。

[itemlink post_id=”13933″]

記事のシェアはこちらから
目次