【タクティクスオウガ リボーン】キャラクター紹介 〜デニム編〜 優秀な指揮官から指導者へ成長!姉さんのお守りもね!

本ページで紹介するデータは、タクティクスオウガ リボーンのデータの他に、2010年に発売された【タクティクスオウガ 運命の輪】のゲームデータおよび公式コンプリートガイドに掲載されているデータも参照しています。

2022年11月11日に発売したタクティクスオウガ リボーンで登場するキャラクターを紹介します。

タクティクスオウガリボーンより引用

僕は理想のために

その手を汚すことができるのか…?

デニム パウエル

目次

キャラクター名とイラスト

デニム パウエル(DENIM POWELL)

ゲーム開始直後の人物紹介

港町ゴリアテ出身 ウォルスタ人 1年前にゴリアテの町が暗黒騎士団ロスローリアンの襲撃を受けた際、父親のプランシーを連れ去られる 以後、ウォルスタ解放軍の同志として、姉のカチュア、幼なじみのヴァイスと共にバクラム、ガルガスタン陣営に対してレジスタンス活動を行う。

ネタバレ情報

デニム モウン(DENIM MORNE)

タクティクスオウガ運命の輪より引用

キャラクターボイス

CV:前野 智昭さん

ドットキャラ

デニム

自軍加入タイミング

ゲーム開始直後より

(主人公キャラクターのため、途中離脱はしない)

初期エレメント

ゲーム開始時の初期設定にて選択したもの

専用クラス

ロード

キャラクター紹介文の変遷

ウォーレンレポートの中にある人物という項目にて、キャラクターのイラスト及びゲームの進捗に応じた紹介文が掲載されている。

以下に、これまでのゲームプレイで確認することができた紹介コメントをCHAPTERやルートを分類した状態で転載。

CHAPTER 1

ゲーム開始直後(ロンウェー公爵救出作戦直前)

港町ゴリアテ出身 ウォルスタ人

1年前にゴリアテの町が暗黒騎士団ロスローリアンの襲撃を受けた際、父親のプランシーを連れ去られる

以後、ウォルスタ解放軍の同志として、姉のカチュア、幼なじみのヴァイスと共にバクラム、ガルガスタン陣営に対してレジスタンス活動を行う。

ロンウェー公爵救出作戦直後

港町ゴリアテ出身 ウォルスタ人

1年前にゴリアテの町が暗黒騎士団ロスローリアンの襲撃を受けた際、父親のプランシーを連れ去られる

以後、姉のカチュア、幼なじみのヴァイスと共にウォルスタ解放軍の同志としてレジスタンス活動を行っていた

ゴリアテにやってきたゼノビア人たちの助けを借り、アルモリカ城に幽閉されていたウォルスタ人の指導者・ロンウェー公爵を救出

正式にウォルスタ解放軍の一員として迎えられ、〇〇騎士団のリーダーとなる

バルマムッサの町解放作戦直前

港町ゴリアテ出身 ウォルスタ人

1年前にゴリアテの街が暗黒騎士団ロスローリアンの襲撃を受けた際、父親のプランシーを連れ去られる

以後、姉のカチュア、幼なじみのヴァイスと共にウォルスタ解放軍の同志としてゲリラ活動を行なっていた

ゴリアテにやってきたゼノビア人たちの助けを借り、アルモリカ城に幽閉されていたウォルスタ人の指導者・ロンウェー公爵を救出

正式にウォルスタ解放軍の一員として迎えられ、〇〇騎士団(プレイヤーが名付ける騎士団名称)のリーダーとなる

ウォルスタの人々からは“ゴリアテの英雄”と呼ばれており、解放軍の中でも活躍を期待されている

CHAPTER 2

L(ロウ)ルート CHAPTER 2 開始直後

ネタバレ情報

ウォルスタ解放軍所属 港町ゴリアテ出身 ウォルスタ人

アルモリカ城に幽閉されていたロンウェー公爵を救出し、以降ウォルスタ解放軍の一員として活躍する

民族の結束を高めると言う名目で立案されたバルマムッサの町のウォルスタ系住民殺害を騎士レオナールと共に実行

その結果、名実ともに解放軍の重臣となった

敵対勢力から“ゴリアテの虐殺王”と呼ばれており、また、バルマムッサの虐殺の真相を知る者たちに命を狙われている

C(カオス)ルート 騎士フォルカス救出直後

ネタバレ情報

〇〇騎士団のリーダー 港町ゴリアテ出身 ウォルスタ人

アルモリカ城に幽閉されていたロンウェー公爵を救出し、ウォルスタ解放軍の一員として活躍していた

しかし、民族の結束を高めると言う名目で立案されたバルマムッサの町のウォルスタ系住民殺害に反対し、解放軍から離脱

カチュアと共に地下に潜伏し、公爵打倒の機会をうかがっている

CHAPTER 3

L(ロウ)ルート CHAPTER 3開始直後

ネタバレ情報

〇〇騎士団のリーダー 港町ゴリアテ出身 ウォルスタ人

アルモリカ城に幽閉されていたロンウェー公爵を救出し、ウォルスタ解放軍の一員として活躍

バルマムッサの町の虐殺にも関与した

指導力の低下から公爵を暗殺した騎士レオナールを討ち取り、解放軍のリーダーとなる

また、ヴァイス率いるネオ・ウォルスタ解放同盟との和解も果たし、解放軍という枠組みを超えてリーダーシップを発揮している

C(カオス)ルート ブリガンテス城解放作戦前

ネタバレ情報

〇〇騎士団のリーダー 港町ゴリアテ出身 ウォルスタ人

アルモリカ城に幽閉されていたロンウェー公爵を救出し、ウォルスタ解放軍の一員として活躍していた

しかし、民族の結束を高めると言う名目で立案されたバルマムッサの町のウォルスタ系住民殺害に反対し、解放軍から離脱

カチュアと共に地下に潜伏し、公爵打倒の機会をうかがっている

CHAPTER 4

L(ロウ)ルート経由 王都ハイム解放作戦前

ネタバレ情報

〇〇騎士団のリーダー 港町ゴリアテ出身 バクラム人

アルモリカ城に幽閉されていたロンウェー公爵を救出し、ウォルスタ解放軍の一員として活躍

さまざまな紆余曲折を経て解放軍の指導者となり、バクラム軍と暗黒騎士団に対抗する

ブリガンテス城へ赴いた際に父親・プランシーと再会し、カチュアの出生について教えられる

また、オリビアからプランシーは摂政ブランタの弟であり、自身もハイム生まれのバクラム人であることを知らされる

父の遺言に従い、解放軍を率いて暗黒騎士団に挑む

プレイヤー目線のキャラクター評

本作品の主人公キャラクター

物語の節目において、自身が率いる騎士団のみならず、ヴァレリア島の行く末を決めるターニングポイントで、大きな責任が生じる決断を自らが下す。

騎士団の先頭に立ち敵軍との戦いに身を置きながら、自由奔放で我が儘放題の姉を説き伏せつつ、様々な経験をしながら物語を進めていく人間の器の大きさは目を見張るものがある。

ゲーム序盤では、上からの指示を忠実にこなす、優秀な現場指揮官として役割を果たすが、CHAPTER 1のバルマムッサの町での一件により、自分が下した判断でもたらされた出来事の責任を一身に引き受け、自分が理想とする社会像をより強く推進してゆく指導者としての才覚も現われてくる。

自分と関わる全ての人々に正面から誠実に向き合う性格から、非常にカリスマ性が高く、敵軍の捕虜の尋問時には、聞いてもいない重要な情報を捕虜が自ら教えてくれる程、人心掌握力が高いようだ

誠実という言葉がこれほど似合う人物もいないが、ザパンと会話するときだけは人を小馬鹿にしたような口調となるところがあり、年相応の少年ぽさを感じられほっこりとした気持ちになる

そんなデニムをあなたならどう育てるのか?が気になるところではあるが、ここは素直に前線で敵とバチバチに剣を重ねる前衛クラスとして育成するのが◎

最終章でカチュアと袂を分かった際には、自らが専用クラスとなるロード(卿)となり、自分の騎士団のみならずヴァレリア島全民族を率いる立場となる

エクストラエピソードでの実父プランシーとの時空を超えた再開シーンには、すべての人が胸を打たれること間違いなしの感動ストーリーに仕上がっている

本サイトでは、当ページで紹介しているキャラクターについて、皆さまご自身のキャラクター評を広く募集しています。

ご応募いただきましたキャラクター評は本サイト管理人側で拝見し、当サイトにお越しになる方に広く読んで欲しいと感じたものを、こちらのページ内で掲載いたします。

なお、掲載させていただきます際は、下記のようなアコーディオンタイプでの投稿となります。

(ペンネーム)さんのキャラクター評

メールフォームにてお送りいただいた、ご自分のキャラクター紹介文を全文掲載

応募方法は本サイトの【お問合せ】のメールフォームより、

  • お名前(ペンネームで構いません)
  • タイトル(キャラクター名)
  • お問合せ内容(キャラクター紹介文)

以上の項目を入力いただき、送信ください。

なお、ご応募頂いたキャラクター評の掲載を保証するものではございませんので、予めご了承願います

ゲーム基本情報
  • 発売日:2021/11/11
  • 開発 / 販売:SQUARE ENIX
  • ジャンル:タクティカルRPG
  • 対応プラットフォーム:PlayStation 4, PlayStation 5, Nintendo Switch, PC
  • ゲーム公式サイト:https://www.jp.square-enix.com/tor/

(C)1995,2022 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

PR

記事のシェアはこちらから
目次