【タクティクスオウガ リボーン】LV19の自軍ユニット最終ウェイトターン値をランキング形式で紹介!結果ドラゴンが最速だった件!

2022年11月11日に発売したタクティクスオウガ リボーンのユニットのWT(ウエイトターン)について、クラス固有のWTの比較をした記事を過去に投稿しましたが、今回は、装備品などを含めた最終の確定WT値について、自軍のレギュラーユニットで比較してみたので、紹介します

目次

この記事を読んだら分かること

  • 人間系とモンスター系ユニットの最終WT
  • 自軍のクラス別WT傾向

検証条件と結果

L(ロウ)ルート CHAPTER 3 ブリガンテス城 解放作戦後

自軍ユニオンレベル(LVキャップ)19時点

WTが少ない順で並び替えした結果

以後、最終WTランクトップ3を紹介したのち、レギュラーメンバー全体のランキングを紹介します

最終ウエイトターン最速ランク 1〜3位

ドラゴン

最終WT値 87

武器や防具を装備できない代わりに、素の状態でVITの値が他のクラスと比べて突出しており、丸裸の状態でも十分に防御力もあることからレギュラーメンバーとして活躍でき、かつWTが最少ということで文句なしの優秀なユニットと評価できる

ニンジャ(デニム)

最終WT値 88

ドラゴンに次いで2位になったのは、武器と防具を装備したニンジャ(デニム)。移動力も高く、身軽な動きで敵を翻弄するニンジャのイメージ通り最終WTも2番目に低い値となった。

ドラグーン(ジュヌーン)

最終WT値 92

3位に入ったのは、意外なことにドラグーン(ジュヌーン)となった。前衛クラスとして、ドラゴン・魔獣討伐の専用クラスという印象がドラグーンには強いが、ナイトやテラーナイトにはないWTの軽さも特長の1つと言えるかもしれない

アタックチーム全体のランキング

自軍のアタックチームのレギュラーユニット全体のランキングは以下の通り(ユニットLVは全て19)

序列クラスWT値
1ドラゴン87
2ニンジャ88
3ドラグーン92
4ヴァルタン93
5クレリック94
5アーチャー94
7ウィッチ97
8ルーンフェンサー99
8ビーストテイマー99
10ジャガーノート102
11ナイト106

まとめ

ドラゴンは、武具や防具の装備はできないものの、素の状態でも他のユニットで防具を装備している状態の防御力とほぼ同等の硬さを誇り、装備品が少ないメリットとしてWTが限りなく低く抑えられており、自軍アタックチームの中で行動の順番がほぼ1番手となる

そして、攻撃力もそこそこあり、複数の敵軍ユニットを巻き込めるブレス攻撃を軸に、攻守兼ね備えた優秀なクラスになっている

皆さんのアタックチームにも、ドラゴンを1匹迎え入れてはいかがだろうか?

(C)1995,2022 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

[itemlink post_id=”18124″]

[itemlink post_id=”21095″]

記事のシェアはこちらから
目次